海外でパスポートを紛失した際の対応について事前に把握しておきたいです。
おそらくは現地の日本大使館に連絡して、再発行などの手続きを行うのだと思いますが、その際に必要となる書類などを事前にpdf化して持っていた方が良いのではと思っています。

事前に用意しておいた方が良い書類や、注意点についてご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

クリスタル水2017年11月17日 13:23:57
スポンサードリンク

回答

うまうま
1
すぐ帰国する場合なら、渡航書の申請の方がよいと思います。
パスポートの再発行だと戸籍謄本が必要ですが、渡航書身分証明書があれば良いのでいらないです。
必須なのはパスポートサイズの写真と身分証明書。

後はパスポートの番号と発行日と有効期限をメモしておくか、コピーを取っておくと良いですね。
海外滞在中は大事だからとパスポートや財布などは1つにまとめておくのではなく、分けておくのが良いですよ。
1つにまとめておいてそれを紛失したり盗まれたりすると最悪なので。
うまうま2017年12月02日 12:16
クリスタル水
2
>>1
丁寧に回答していただきありがとうございます。
身分証明書と写真、パスポートのコピーは持っていこうと思います。
帰国のための渡航書とパスポートの再発行以外に、日本以外の国にも出入国できる上に発行までの時間も短い「緊急旅券」というものがあるようですがネットで調べてもあまり情報がありません。緊急旅券はどこの国でも発行可能なのでしょうか?ご存知の方がいっらしゃいましたら教えていただきたいです。
クリスタル水2017年12月03日 12:12
大竹直樹
3
紛失したときの基本は在外日本大使館での「帰国のための渡航書」発行です。
免許証なら日本に問い合わせれば本籍がすぐわかりますし、戸籍謄本があればもっとスムーズになります。まぁ、そんなことよりもパスポートのコピーを別なカバン等に潜ませておけばすむことですが。
緊急旅券、聞いたことがなかったので調べてみたら、

緊急旅券 (EMERGENCY PASSPORT)[2] - 在外公館に設置された旅券作成機が、故障等で交付が不可能で、なおかつ、本国外務省での旅券交付を待つ時間的余裕がない場合や、帰国のための渡航書の交付基準に当たらない者に交付される。

ということでふだんの紛失の際に発行されるものではないようです。
大竹直樹2017年12月04日 23:10
トライシー読者
4
昨年スイスでパスポートのスリに会いました。
警察へ盗難届を貰ってそれを持って領事館に。その際「渡航書の申請」も「パスポートの新たな取得(再発行?)」も同じ時間で可能と言われ、パスポートの再発行を選択しました。

パスポートのコピーは持って行っていましたが、パスポート取得に必要だった戸籍謄本を日本の家族に取ってきて貰い、領事館宛に国際FAXをしてもらいました。
日本とスイスは7時間の時差があり、家族が区役所に行ってFAXが届いたのは実質スイスで翌日ということになりましたが、パスポートは翌々日に出来て帰りの日程に間に合いました。
なので以降海外に行く際はパスポートのコピーに加え必ず戸籍謄本(抄本)を持って行くようにしています。時差を超えた国際FAXがなければもっと早いかもしれません。PDFやコピーではなく原本がいいです。

戸籍謄本(抄本)は前回旅行で持っていったものも何もなく持って帰れば次も使えますが有効期限は半年以内ですので、旅行前に必ず取得した日の確認は忘れずに。

ちなみに海外旅行保険にてパスポート再取得費も写真撮影代も領事館への交通費も全て出ました。残り1年ちょっとのパスポートが実質無料で新たに10年のパスポートになりました。笑
なのでしっかりした保険に入っておくことも重要です。
(取得が間に合わず予定していた帰りの便に乗れなくても、航空券の補償はないそうです)
トライシー読者2018年05月31日 01:26
トライシー読者
5
4の補足です。
戸籍謄本(抄本)国際FAXにて緊急時にパスポートを再取得することは出来ますが、後日、日本に帰国してから領事館に原本の送付が必要です。
なので旅先で原本を持っていればその手間もありません。

旅行サイトなどに「パスポートのコピー」と「パスポート用写真」は持っていくよう良く書かれていますが「戸籍謄本(抄本)」を持っていくよう促す記述は見たことがありません。絶対に持って行ったほうがいいと思います。戸籍を取る350円也は保険代だと思えば安いものです。
家族旅行の際は同居の家族全員分まとめて書かれた謄本、一人の場合は抄本で良いです。
トライシー読者2018年05月31日 01:38
スポンサードリンク
トライシー読者
6
現地でパスポートを再発行をするのであれば
発行してから6カ月以内の戸籍謄本または抄本(原本) 1通
6カ月以内に撮影した写真(縦45mm×横35mm) 1枚(持っていれば、準備する手間が省けます。)

その他、現地にてポリスレポートなどを入手する必要があります。

なので、現地で再発行をするのであればPDFでは意味を成しません。

帰国のための渡航書であれば、免許書などで本人確認ができれば発行可能です。

ただパスポートと同時にこれらの書類等を持って、紛失や盗難にあっては意味ないので、別々に携帯する必要があります。

カバンなどに入れず、ポスポートホルダーに入れて肌身離さず持つのがいいとされていますが、ほんとどの方はしていないでしょう。
トライシー読者2018年06月02日 02:10
トライシー読者
7
①PP紛失した際に再発行用の紛失届及び申請書類は大使館(領事館)に備えが有ります。
②その他に紛失PPの情報が必要になりますのでPPコピーと3.5cmX4.0cmの写真2枚は出発前に用意して持参をお薦めします。これは大抵の旅行者は持参してると思いますが・・
③それから発行日から6か月以内の戸籍抄本か戸籍謄本(コピー又はFAXでOK)が「必ず必要な書類」です。 これを持ってない旅行者が多く個人情報なので役所が簡単に第3者に発行しないとか日本に気軽に頼める人が居ないとかで困ってる旅行者を沢山見てます・・
トライシー読者2018年06月02日 10:22
匿名で簡単に回答できます
トライシー読者
※返信は>>1等で可能。

関連投稿