別々の航空会社で航空券を購入した際、乗り継ぎの際に制限エリアを出ずにそのまま到着ゲートから出発ゲートに向かうことはできるのでしょうか。

受託手荷物なしの状態で、A空港からB空港までの航空券をC航空会社で、B空港からD空港までの航空券をE航空会社でそれぞれ購入した際、事前にE航空会社のオンラインチェックインを済ませ、ボーディングパスを印刷してもっておけば制限エリアを出る必要はないのではと思いましたが、実際に可能なのでしょうか。
やはり一度B空港で制限エリアの外に出て、もう一度手荷物検査等を済ませる必要があるのでしょうか。

少し気になったので投稿させていただきました。

コウタ 2017年11月10日 15:19:57
スポンサードリンク

回答

Satoshi Isobe
1
空港、航空会社によってあまりにたくさんのケースがあり、一概に答えることは困難です。
「(LCCではない)レガシー航空で、乗り継ぎ窓口があるような一定以上の規模の空港で、預入荷物がない場合には、制限エリア外に出る必要がないことが多い(預入荷物がある場合はアライアンスが同一の場合は制限エリア外に出る必要がないことが多い)」ぐらいが最大公約数の回答になるかと思います。
Satoshi Isobe 2017年11月10日 23:53
Mat
2
預け荷物がなくボーディングパスあれば可能です。 何も問題ありませんが空港により再度手荷物検査が必要な場合が多々あります。
Mat 2017年11月11日 08:35
コウタ
3
>>1
>>2

回答ありがとうございます。なるほど、空港や航空会社によって異なるけれど可能な場合もあるということですね。そういったピンポイントの情報が知れるサイトってないですよね笑
利用するごとに当日の空港で確認したいと思います。
コウタ 2017年11月12日 12:03
MHEE
4
預け荷物がない限り、トランジットできます。
それぞれの航空券で施設利用の料金等取られてますから、その分もったいない気もします。
MHEE 2017年11月13日 11:44
トライシー読者
5
PRG>HEL>NRTのAY>JL乗り継ぎ(別発券)で、受託手荷物自体は同じアライアンスでスルーバゲッジしてもらったんですが、PRGで「HELでカウンターに寄ってくれ」といわれて乗り継ぎカウンターを探したらAYの乗り継ぎカウンターしかなく、「JALのことはわからないから外のJALカウンターへ行ってくれ」といわれ結局制限エリアを出たことがあります。シェンゲン協定内だからよかったですが、これ出入国伴うと結構大変ですよね。たぶんJALの方で非常口座席を指定していたせいだと思うのですが、別発券はいろいろリスクを伴うなぁと実感しました。
トライシー読者 2018年02月07日 12:55
匿名で簡単に回答できます
トライシー読者
※返信は>>1等で可能。