お世話になります。
ずっと憧れだった台湾[台北]に一人旅、2泊3日の弾丸旅行です。一人旅だとホテルは割高なので、ユースホステルのようなところに宿を取っています。
さて、質問ですが、スマホを頼りにして旅をしますが、wifiを借りていくべきでしょうか?また54才おばちゃん一人旅で気をつけること、また持って行った方がいいものがあればアドバイスをお願いします。

かったんこっとん2018年07月30日 23:17:49
スポンサードリンク

回答

かったんこっとん
1
かったんこっとん[質問者]です。
ちなみに海外旅行は結構行ってます。バックパッカーの一人旅も何度かやったことがあります。
かったんこっとん2018年07月30日 23:20
トライシー読者
3
海外旅行よくいってるなら問題ないと思いますよ。私はいつも日本に台湾は2番目に近い海外と言っています。(距離的な意味じゃなくて、生活や文化の面で)
治安はよく、台北なら交通の心配も無いので特に気をつけることも無いとは思いますが、
日本人ならではの問題として、台湾ではバスや地下鉄(捷運、MRT)の中で飲食が禁止なので、持ち込むのはokですが飲食はできません。ただしこれを拡大解釈して台湾では電車の中で飲食物禁止とか言ってる人もいますけど、持ち込むのは全部okだし高鉄(新幹線)や台鉄(日本でいうとJRみたいな)は飲食可能です。
公共Wi-Fiが結構飛んでるし日本人なので漢字が読めて困ることは少ないと思いますが、それでもWi-Fiを探すのが面倒なのでスマホ必須の私は現地のSIMを買います。日本のWi-Fiは電池のこととか値段、手間を考えて使いません。
トライシー読者2018年07月31日 00:22
トライシー読者
4
同年代の者で、スマホに頼るより現地の人に聞いたほうが交流が生まれることもあると思ってます。
台北の人は観光客に慣れてますし、治安も東京や大阪ぐらいで考えていいと思います。

数日間だと下調べした場所を回るだけでいっぱいになると思いますので
とくにWi-Fiを借りるまでもないと思います。
自分だったらその金額を食べ物に回します。
調べることが必要になったときにはホテルのWi-Fiでネットにつなげばいいわけですし。

よく使う現地の言葉をメモって持ち歩くとか

「我想去~」ウォシアンチュイ=~行きたい
「多少銭」トーサオチエン=いくらですか?

漢字の筆談で通じますから、ペンとと小さなノートなんかを
すぐに出せるところで持ち歩けばいいかと思います。
トライシー読者2018年07月31日 00:38
トライシー読者
5
台北ナビなどで情報収集してGoogle に行きたい場所登録するといいよ。バスの番号も教えてくれるしお店の口コミも見れるよ。
トライシー読者2018年07月31日 01:00
トライシー読者
6
鼎泰豊みないな超有名店や博物館しかいかないなら事前にルートを決めていってもいいと思うけど、それ以外の台湾の小さな店は移り変わりが激しいからネットの情報は信頼できない。危険な場所はないから、その場の感で動いていいのが台湾です。だから逆に外でもすぐ調べられるようにインターネットがあった方がいいかも。好みによるけどガイドブックにのってるのは台湾の極限られた場所ですよ、思い付くままにぶらぶらするのが台湾をたのしむコツです!

確かに台湾では手書きできるようにノートとペンがあったら便利かも
トライシー読者2018年07月31日 02:00
スポンサードリンク
トライシー読者
7
こんにちは
私は61歳、4月に台湾縦断してきました。
南の方は日本語、英語ともに話す人が多くはなく、中国語しか通じない場所が多かったです。
言葉が通じないとボラれることもありました。
ノー!と言う勇気が必要です。

食は安くて美味しく大満足。
台北に比べ値段が半分でした。
公共交通機関も安いです。
ただ、漢字が思ったより中国化していて、判別推測出来ず、行き先が言えなかったので、地図で指し示しました。

ビジネスホテルに泊まったのでホテル内だけはWi-Fi拾えましたが
道端にはなく、頼りはドーナツ屋などのお店のみ。
度々店に入ると案外お金がかかりました。

事前に地図などダウンロードしてはいたのですが、
途中で携帯の国際通話を下ろしました。
もし、道端でもWi-Fiで調べようと思うなら、最初から借りて行くべきですね。


暑いので、熱射病にならないように。
楽しんできてください。



トライシー読者2018年07月31日 09:01
トライシー読者
9
あらかじめ計画して行くところを下調べして準備していくなら、SIM購入やWiFiルーターのレンタルは必要ないと思います。
行く時期がよくわからないのですが夏は日差しが強いので帽子は必須です。
あと折りたためるエコバックがあるとちょっとした買い物のとき便利です。

スマートフォンで繁体字を入力する手間もありますので
メモ帳とペンはすぐ出せるようにすると筆談でスムーズです。
トライシー読者2018年07月31日 10:26
トライシー読者
10
SIMフリーのスマホを持っているなら空港で3日間で1000円ぐらいのSIMカード(使い放題)を購入したほうがいいです。

SIMフリーのスマホじゃなければ日本の空港でWiFiを借りてから行ってください!

自分は初海外・初ひとり旅で2年前に台北へ行きましたがとにかく頼りになるのはスマホでした。

ネットを使用できるスマホさえあれば安心感を得ることができます。

持って行ったらいいものは特にありません。

普通に国内旅行をする時に持って行くものだけで十分です。

パスポートを部屋に置いておくのが心配ならウエストバッグを購入してください。
トライシー読者2018年07月31日 11:33
トライシー読者
11
私もスマホは必須だと思います。google map と紙の地図が違うのは、自分自身の現在地がわかるかどうかです。大きな違いです。
これによってバスやタクシーに乗っても、自分の位置がわかります。
SIM は空港で簡単に買えます。到着が深夜で買えない場合は、アマゾン等で事前に購入することもできます。
短期間ですし、特に準備するものはないでしょう。忘れても大抵のものは買えます。常備薬、日傘、雨傘、日焼け止め、サングラスは忘れずに。
トライシー読者2018年07月31日 11:55
トライシー読者
12
上で書かれていますがふと思い立った時に行きたい所に行く場合や調べたい時にネットがすぐに使えると便利なのでSIMフリースマホに現地プリペイドSIMを空港で契約する(台湾のは契約期間内なら無制限に使えます)、又は日本でWi-Fiルーターをレンタルされることをおすすめします。
ガイドブック要らずです。

訪台の時期が不明ですが夏は日射しが強くものすごく暑い、湿気もあるので日焼け止めや暑さ対策はしっかりした方がいいです。
MRTやお店の中は寒いぐらい冷房がガンガン効いている事もあるので薄手の羽織物もあるとよいかと思います。

台湾旅、楽しんできてくださいね\(^o^)/
トライシー読者2018年07月31日 12:02
スポンサードリンク
KJH-jp
13
現地空港でプリペイドSIMを3日間300元で購入すれば良いと思います。
町歩きやyoubikeで地図見ながら移動できますし、
タクシーのおっちゃんにはいつも地図で行き先を伝えてから乗ってます。
翻訳アプリである程度の会話もできますし。

日本のほとんどの物は現地で売ってますが、常備薬や旅行保険などは準備したほうが良いと思います。
時期によっては暑いので塩分チャージ飴もいいかもしれません。

現地で買うべきなのは悠遊カード(EASYCARD)くらいだと思います。
ちょっと割高ですがいろんなキャラクターとコラボした悠遊カードがコンビニで売ってます。
お土産にもできるかと

南部は日本語通じる割合は少なくなりますがその分人情が暑くなります。
ぼったくられるなんてことはないです。
漢字は繁体字なので日本よりも難しい漢字が多いです。
しかし中国大陸の簡体字のような意味をくみとれない漢字ではないので理解はできると思います。

楽しんできてください。
KJH-jp2018年07月31日 12:18
トライシー読者
14
7さんのように台湾でボラれたという話を時々聞きますが、よく事情を聞いてみると単なるコミュニケーション不足ということがほとんどのように感じます。私も最初に台湾に行ったときは電車のチケットを買うとき私が調べた値段が自由席だったのに窓口の人が売ってくれたのは指定席で値段が違いボラれたと思っていましたが、台湾に住んでいる今となっては台湾人でその距離なら指定席を買うのが普通で当時の窓口の人は普通の対応を下だけどと理解しています。台湾でボラれる機会って日本と同じくらい少ないんじゃないかと思います。
それと海外では値切るのが当然と思って台湾で値切ろうとする人をよく見ますが、少なくとも台湾は日本と同じ「値切らない」文化の国です。もし日本で言葉がわからない外国人に値切られたら店員も混乱するでしょう?それと同じです。屋台などで大量に買えば値切れるでしょうけど、台湾の場合そんなときにお店の方から自動的に値引きをしてくれるでしょう。私は台湾の南部に住んでいるのですが日本人が無理に値切ろうとして店の人が困っているのを見るといつも助けに入りますが、日本人から詐欺師の仲間扱いされて嫌な気持ちになることも何度もありました。
トライシー読者2018年07月31日 13:40
トライシー読者
15
気をつけるのは台湾を中国扱いしないということでしょう。台湾を中国扱いすると明らかに機嫌悪くなる人が多いです。日本語でも言うのはだめです、日本語が分かる人結構います。
トライシー読者2018年07月31日 14:08
トライシー読者
16
私はSIMを購入して行ってますが、SIMフリーの携帯でなければWi-Fiを借りることをお勧めします。itaiwanというフリーWi-Fi(パスポート提示で登録してもらえます)がありますが、街中ではほとんど使えません。空港や駅のみ、でも使いたいのは街中…という状態でした。
皆さんが仰られている通り、行く先が決まっているのであればSIMもWi-Fiもなしでグーグルマップでどうでしょう。事前にダウンロードしておけばオフラインで使用できます!これまたオフラインで使用可能な路線アプリtransitもダウンロードお忘れなく!この2つがあれば粗方問題ないかと!!!
楽しい旅になりますように╰(*´︶`*)╯♡
トライシー読者2018年07月31日 22:25
トライシー読者
17
私もいつも台湾旅行の際には「太空艙旅店(Space Inn)」というドミトリーに泊まるので同じような感じかもしれません。
元バックパッカーなら基本的なことはご承知だと思いますので、台湾についてのみで。
安旅っぽいので桃園利用のつもりで書きますね。

・台湾行ったらまず確実に「悠遊カード」を手に入れてください。
 簡単にいうと台湾で使えるSuicaです。
 屋台と入場料以外ほぼどこでも使えるので非常に便利です。

 参考サイト
 https://taiwanaruku.com/easycard

・simフリーの端末をお持ちなら、そこまで高いものでもないので空港でプリペイドsimは手に入れておいた方がいいと思います。
 https://nomad-saving.com/8537/

 wifiのレンタルは割高になりますが、借りる方がいる際はiVideoを勧めてます。台湾企業なのもあって安いです。

 iTaiwanで頑張るという手もありますが、やっぱ初上陸ならあった方がいいと思います。一応↓
 http://haohaotaiwan.com/itaiwan_freewifi-3700.html

・必須アプリは「navitime transit」。駅を覚えるまでMRTの乗り換え検索に便利です。
 他にも乗り換えアプリあるんですが、私的にはこれが一番かなと。

・あると便利なものですが、思いつくのは小さくまとまるアウターとかでしょうか。
 アジア旅あるあるですが、店内や電車の中などとんでもなく冷房が効いてるところがあるからです。
 飛行機の中でも活躍してくれると思います。
 私はユニクロのポケッタブルパーカーの昔のモデルを使ってますが、無印のパラグライダークロスポケッタブルウィンドブレーカーなどでもいいと思います。
トライシー読者2018年07月31日 23:39
スポンサードリンク
直角
18
現地で繋がるスマホさえあれば、今の時代は海外旅行で怖いもの無しです。
あとはパスポートとクレジットカードを持って熱中症に気をつけて思いのままに楽しむだけです。
直角2018年08月01日 18:10
トライシー読者
19
こんばんは。

WiFiのレンタルが必要かどうかについてですが、お使いのスマートフォンがSIMフリーもしくはSIMフリーにできる端末でしたら、他の方もお答えの通り、プリペイドSIMカードを購入するのが良いかと存じます。

SIMカードの入手方法は大きく分けて2種類あります。

1.日本国内で購入できるSIM
amazonやYahooショッピング、楽天市場などで購入できます。
オススメは、ワイズ・ソリューションズという会社が販売代行している「SIM 2 Fly」か「亜太電信台湾プリペイドSIM」です。
私はiPhoneのSIMフリー版をMVNOで使用しているのですが、「SIM 2 Fly」は、設定なしで使用できました。(日本国内でも利用できるので国内でSIMを入れ替えて動作確認ができるところがオススメです。初回はしっかりと接続するのにかなり時間がかかる[15分程度]印象です。)

「亜太電信台湾プリペイドSIM」はMVNOのAPN設定を変更しないと利用できませんでした。また台北では4G(LTE)での接続でしたが、高雄では3Gでの接続となりました。しかしながら台北高雄いずれも速度が遅くて困ったことは特にありませんでした。

価格は、「SIM 2 Fly」が8日間4GB制限(制限後は低速通信)でYahooショッピング経由で1,430円、「亜太電信台湾プリペイドSIM」が4日使い放題速度低下なしでYahooショッピング経由ですと640円です。
2泊3日の旅行であれば、値段的には「亜太電信台湾プリペイドSIM」がオススメですし、手間いらずで国内で接続を確認してから安心して渡航できるという点では、「SIM 2 Fly」がオススメです。

ただ、いずれのSIMも音声通話は含まれていませんので、電話を全くしないもしくはIP電話を使用する場合限定となります。(私は海外ではIP電話を利用しています)

2.空港で購入できるSIM
こちらはイミグレ通過後、バゲージクレームで荷物を引き上げた後に販売カウンターがあります。
値段は3日のもので300台湾ドル(内100台湾ドルの音声通話つき)であります。
いくつか会社がありますが、正直それほど気にする必要は無いと思います。(今は大抵の場所で普通にどのキャリアでも繋がります。)
こちらは設定まで行ってくれます。
いずれの方法も一長一短ありますが、前提としてSIMフリーのスマホで使用するということです。

SIMロックがかかったスマホの場合、スマホを使用するのであれば、モバイルWi-Fiルーターのレンタルが必須です。
台北を中心にFreeWiFiスポットはありますが、必要な時に利用できない場合も考えられますし、わざわざ探すにしても、ネットに接続できない間は、FreeWiFiスポットの地図が見れるわけでは無いので非常に困難を極めると思われます。

他の方が、なくても良いとおっしゃっていますが、私としてはネット接続は絶対必須と考えています。

ネットに繋がれば、通訳ソフトも利用できますし、GoogleMAPなどでのバスを含む乗り換え案内も利用できます。Uberも使えます。もちろん各種調べ物をすることもできるわけです。
最近は写真を撮るにしてもスマホを利用していますので、どうせ使うのであればその機能を余すことなく利用してもらうのが良いでしょう。

次に気をつけること・持って行ったほうがいいものですが、ご承知のとこも含まれるかもしれませんが、ご覧ください。

1.韓国などと同様に配管と紙の硬さが原因でトイレットペーパーは流せないと思っておいてください。便器脇にゴミ箱がありますのでそこに入れ無いといけないことが多いです。一応今年からだったと思いますが、台湾政府はトイレットペーパーを便器に流すことを推奨し始めました。しかしまだまだ流すと詰まってしまうものも多いのが現状です。

2.士林夜市の美食区(地下)は、外国人に対するぼったくりで現地でニュースになる時もあります。味も正直ひどいところが多いので、他の夜市もしくは地上のお店でお食事をなされることをお勧めします。また、士林夜市のフルーツショップは計り売りのお店が多いです。目方のごまかしや値段のごまかし、量を大量に入れるなどありますので要注意です。私は今まで士林夜市以外で嫌な思いをしたことが無いので、できることであれば他をお勧めします。

3.クレジットカードはあまり使えません。両替も100元札を多めにもらいましょう。

4.悠遊カードは必須です。空港内のコンビニやMRTのきっぷ売り場でも販売していますので買ってとりあえず500元ぐらいはチャージしておきましょう。コンビニでも使えますし、足りない場合はそこでチャージもできます。

5.バスやタクシーの運転は非常に荒いです。私は酔いやすいこともありますが、酔い止めが必要な時があるほどです。

6.台北やその近辺のバスの支払い(悠遊カードのタッチ)は乗る時か降りるときもしくは両方が必要な場合があります。上下の文字が光っていますので、乗る時タッチは上が光っている時、降りる時タッチは下が光っている時に行います。

7.感謝の言葉、「謝謝」「Thank you」は忘れないようにしましょう。日本人は特に会計時や、配膳時に言わない人が目立ちますが、至る所で使ったほうが良い言葉です。言わないと非常識な人と思われてしまいます。

8.温泉もありますが、大抵水着着用です。また、お湯に入った際に顔を洗ったり体をさすったりしてはいけません。日本より厳格なルールがあるとことが多いです。

9.他国に比べれば日本語がわかる方は多いですが、基本わからないものと思ってください。

10.ウエットティッシュは必需品です。現地のコンビニでもうっています。

11.時期にもよりますが、質の良い(ゴアテックスのような)レインコートがあると重宝します。現地で販売はありますが、めちゃくちゃ蒸れます。トレッキングシューズで防水仕様のものもお勧めです。

12.「チンゲーオーイーワンバイファン」魔法の言葉です。覚えておきましょう。

こんなところでしょうか。ちょっと長くなってしまいましたが、どうぞ良い旅を。台湾を好きになって帰国なさることを願っています。
トライシー読者2018年08月01日 20:02
トライシー読者
20
魔法の言葉、、"請給我一杯白飯"のことでしょうか?使う機会はそんなにないだろうし、、

中国語がわからない人も漢字を見ればイメージできたでしょうか?ご飯を一杯くださいってことです。そんなカタカナ中国語は絶対通じません。普通に漢字で書きましょう。
トライシー読者2018年08月01日 23:25
トライシー読者
21
スレ主さんはどういった旅をお望みでしょうか?
人それぞれに求めるモノが違います。

海外でも不安だからと日本人宿を選んで日本人で固まって安心したい人もいれば、
現地の暮らしを体験したいとか、一人でも多くの現地の人と交流したい人は
日本人宿は選ばないと思います。

スマホ片手に「なに食べた、なにを見た」で満足したいのでしたら、
Wi-Fiあった方が便利でしょうし、間違えたら落ち込むタイプ、
自分から人に話しかけられないタイプも必要でしょう。

言葉を話せる話せない関係なく出会った人と交流を求めるのでしたら必要ないでしょうし、
失敗しても笑えるタイプならスマホなくても楽しめると思いますよ。
道に迷っても地図一枚持って人に聞けばいいだけです。

トライシー読者2018年08月02日 02:01
トライシー読者
22
>>20
ごめんなさい。くだらない冗談を通じない人がいるとは思いませんでした。
真面目な方のようですし、一応念のためですが、いーぺいといーわんの違いはご承知のこととは思います。ちなみに、カタカナ中国語は通じないとおっしゃってますが、話された相手も内容を考えますし、シチュエーションで理解できることも多々ありますので、積極的に話をしてみて良いと思いますよ。(ただ、台湾語は私もよくわかりませんというより、理解しようと思う心が足りないのかもしれませんが。)

いずれにせよ、ネット接続環境は必須です。何かあった時の安心度が違います。
海外旅行保険をかけるのと同じ意味合いです。

そもそも>>1さんは、
>>スマホを頼りにして旅をします
とのことですので、FreeWiFiだけて事足りますか?という意味だと思います。>>19の通り、それではかなり不便です。

色々な意見があって面白いですね。最終的には現地では自分一人になるということですので、他の人に迷惑をかけたくないのであれば、ネット環境を準備しておきましょう。

台湾は最高ですよ!
トライシー読者2018年08月03日 14:41
スポンサードリンク
トライシー読者
23
質問者かったんこっとんです。
たくさんの皆様に温かい言葉かけ、アドバイス等いただきまして、本当に感謝しています。皆さん、何度も台湾に行かれているのです。台湾が大好きだ、というのが伝わってきました。

私のスマホはsimカードが使えないようですので、たった今、wifiを借りてきたところです。結構重いですね。でも、これで台湾でサクサクネットが使えるのですから、2000円程度でした。

また悠々カードも、メルカリでゲットしました。あちらに着いたらすぐチャージします。

台湾はゲストハウス[ユースホステルのような?]がたくさんあるようなので、そちらに予約しました。

皆さんが書いてくださったたくさんのアドバイスを参考にしながら、台湾を楽しんできます。皆さん、ありがとうございました。

トライシー読者2018年08月04日 00:18
トライシー読者
24
おばちゃんが1人で台湾、まさに今ing台南にいます。
2回目の台湾で、1人で台中、台南とケチケチ旅行に挑戦しています。

SIMフリーになりましたので、SIMカードも初めてでした。

行程表を自分で作り、バス停の位置からの道順も頭に入れて。
ローカルのバスにも乗り、高美湿地ではたくさんの人が来ていましたが、おばちゃんが1人は私だけではと。

英語も片言、中国語に至ってはチンプンカンプン。
やはり携帯は頼りになります。

お金を出せば旅行は出来ますが、まだワクワクドキドキ挑戦したいですよね。
どうぞ気をつけて!

トライシー読者2018年08月04日 22:06
トライシー読者
25
台湾旅行楽しんできてください。SIMロックがされていないスマホなら、空港でプリペイドSIMを購入して利用するのが良いのではないでしょうか。持ち物は少ないに越したことはないので、わたしは毎回そうしています。経済的にも割安で通信速度も速いですよ。持っていくものではありませんが、現地に着いたら「悠遊カード」を手に入れると移動がスムーズだとおもいます。
トライシー読者2018年08月04日 23:41
匿名で簡単に回答できます
トライシー読者
※返信は>>1等で可能。

関連投稿

台湾のWIFI価格比較!!